ゴルフ情報 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/01/19 02:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
ゴルフトレーニングさん
  • 情報提供【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.100】脊髄損傷後のゴルフ復帰 ゴルフトレーニングの科学的根拠ゴルフトレーニングさんのプロフィール
  • 『脊髄損傷により不全麻痺を起こした症例がゴルフ復帰によりQOLの改善』Moriello et al.2014《中村の解釈》交通事故や転落などにより脊髄神経に傷がついてしまうと、手や脚に麻痺が残り感覚がなくなったり動かなくなったりします。脊髄損傷(spinal cord injury)と診断されます。脊髄のレベルにより残る障害が異なり、腰髄レベルでは下半身のみが、頸髄レベルでは腕までもが機能不全に陥ります。また、損傷の程度によっても麻痺の

2位
ゴルフトレーニングさん
  • 情報提供【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.99】人工肩関節置換術による効果 ゴルフトレーニングの科学的根拠ゴルフトレーニングさんのプロフィール
  • 『変形性肩関節症による人工肩関節置換術後、ドライバー飛距離12.5ヤード増大、スコア1.4の改善。』Papaliodis et al.2015《中村の解釈》人工肩関節置換術に関してはNo.84人工肩関節置換術の種類による違いで紹介しましたが、肩関節が変形して動かなくなった場合や、転倒などによる骨折で骨が細かく割れてしまった場合などに施されます。ゴルフをされていて、なかなか肩痛が治らないという方もみえるかと思います。過去に関節周囲

3位
ゴルゴ18さん
  • 情報提供プレーの線の援助 ゴルフルール早わかりゴルゴ18さんのプロフィール
  • プレーヤーがボールを飛ばしたい方向のことを「プレーの線」と言います。そして、このプレーの線を確かめる目的で、「キャディを線上の後方に立たせる」などの援助を受けることが、プレーヤーには認められています。たとえば崖の下などで、目標が見えない場合に、この方法がとられます。しかし、この援助を受けることができるのは、“ストロークをする前” までの話です。ストロークをする前にキャディにどいてもらわないと、2罰
更新時刻:18/01/19 02:30現在